イベント車両でラッピングするときの業者選び

ラッピングしている車は少しずつ増えていますが、特にイベント車両の中には多い傾向にあります。イベント車両にラッピングをすることで、多くの人に注目されるだけでなく、宣伝効果も十分にあり得るでしょう。例えば、立て看板と比較した場合には立て看板の場合設置をだけでもお金がかかりますが、それ以外にも自分の土地でなければ毎月賃料がかかってしまいます。この点ラッピングの場合には、自動車さえ持っていれば毎月賃料を払う必要がないだけでなく、走行することで様々な場所でイベントをアピールすることができます。

その結果、大きな宣伝効果を得ることができるでしょう。ラッピングをイベント車両に行う場合は、どれくらいのお金がかかるかもポイントになりますが、業者によって若干異なるもののそれほど大きな違いは無い傾向にあります。例えば、普通自動車に施す場合は、20万円位からできます。ただし、それぐらいの料金だとモノクロのラッピングになってしまうためインパクトが薄いでしょう。

もしモノクロが嫌であればカラーにする必要がありますが、そうすると料金がおよそ40万円位になって行きます。それでも昔のペイントに比べれば安い方で、一昔前まで主流だったオールペイントする場合であれば2倍位の料金がかかると思って間違いないでしょう。業者を選ぶ場合には、過去に何度もカッティングシートを貼り付けたことがある業者にお願いをすることが大事です。あまり慣れていない業者だと、シートの間に空気が入ってしまい、時間の経過とともに目立ってしまいます。

また、基本的に車は外に置いてあるはずですので、時間の経過とともに劣化します。劣化具合は、業者の貼り付け方によって大きく変わってくるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です