福祉車両をレンタルするメリット

デイサービス等の福祉サービスにおいては、送迎用の福祉車両が欠かせませんが、万が一、故障や事故に遭遇した場合は様々な支障を来すことになります。それに対して、福祉車両のレンタルサービスを利用すれば、故障を含めたトラブル時にも即対応が出来、サービス利用者に不便をかける心配がありません。車両のタイプに関しても、リフト車両をはじめ、スロープ車両や昇降シート車両等、豊富に揃っています。レンタル車両が事故で壊れた場合、レンタル会社と保険会社が直接交渉するので、連帯カー利用者に時間的な手間を取らせません。

また、利用者側に過失がない場合は、相手側の保険会社に修理費用が請求されるので、金銭的負担も生じないわけです。福祉車両は特殊な機能が備わっており、日頃のメンテナンスに関しても、専門の知識とノウハウを要します。それを個人で行うのは大変ですが、レンタルの場合は、定期的に専門スタッフがメンテナンスに訪れ、常に車両を最適の状態に保ちます。福祉車両レンタルでは、1台から複数台までのオートリースが可能になっています。

車両の車検時やリース期間満了時に合わせて、単独切り替えから全車一斉切り替えまで、希望にそった対応が出来ます。福祉車両を複数台購入するとなると、初期費用を相当額要することになり、運営経費の圧迫要因になります。それ故、ランニングコストを抑えたい場合は、オートリースが適していると言えます。また、オートリースは汎用性が高いため、残存価格を高めに設定できるメリットがあります。

それ故、毎月のリース料金を低く抑えることが、お得になるわけです。自走式立体駐車場のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です