土地活用法に立体駐車場の経営を選ぶメリット

いくつかある土地活用法の中でも、初心者のハードルが低い方法が駐車場経営となります。駐車場は利用効率が比較的少ないとされていますが、土地を縦方向に活用できるため収益率を上げやすいのが立体駐車場の強みです。大きい規模の駐車場を作れば、1台分の駐車料金を下げても利益が出てなおかつ稼働率を上げやすいという特徴も持ちます。立体駐車場の中でも自走式を採用すれば、階層を移動するためのスロープが必要となりますが機械式であれば車の通路は必要ありません。

平面の駐車場と比べて、スペースが狭くても駐車場が増やせるのは大きな魅力です。また機械式の場合密閉されているため、防犯性能が高いです。基本的に無人となる空間において、防犯性能が向上するのは利用客の安心感を高めます。特に大勢の人が集まる商業施設では、集客にかかわるため安全性の確保は命題となります。

加えて平面駐車場に比べて、立体駐車場は利回りが上がりやすいのも特徴の1つです。平面の場合はどれほど集客性の高い土地であっても、利回りは低くなりがちです。たとえば一戸建てとマンションを比べた場合、どちらに住人が多く入るのかは一目瞭然でしょう。同じ土地の面積であっても、上層階があればそれだけ収容率が上がり収益を得やすいという訳です。

自走式であっても機械式であっても、立体構造の駐車場の方が平面と比べて収容できる駐車台数は確実に多くなります。土地を有効活用し、利回りを上昇させるには立体駐車場は大変有利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です