立体駐車場を経営するメリット・デメリット

立体駐車場を作るときのメリットとデメリットを知っておくと、経営に大きく役立ちます。立体駐車場を経営することは中長期的にメリットが大きいと感じる人も少なくありませんが、地域によってはデメリットが生じることにもつながります。正確な情報を理解してから経営を行うためには、複数の情報を理解して利用することが必要です。利益率が高いことは平面駐車場やアパート経営よりも、はるかに大きなメリットです。

平面駐車場よりも高層であるため、駐車場を利用する人が多く、さらに多数の人が利用できるように時間制を採用していると利益率を高めることができます。狭いスペースでも駐車台数を増やせることから、少ないスペースでも利益を上げることが可能です。また、他の駐車場などよりもはるかに防犯性を高めることもできます。防犯性を高めれば、利用率の向上につながり、結果として利益率を高くすることにもつながるでしょう。

ただしデメリットとなるのは、立地条件が厳しいことです。周囲に利用するスポットが多いところでなければ、収益を得ることができません。また、一度立体駐車場にすることで、更地にするにもお金が必要となります。経営をするときにはこれらの部分に注意をして、経営するかどうかを判断することが必要です。

セミナーなどがあったら積極的に参加し、納得できる判断をすることが重要となります。周囲に経験者がいれば話を聞いてみるのも、参考になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です