立体駐車場には様々な種類があります

立体駐車場には自走式と機械式の2種類があり、機械式にはさらにタワー式と二段・多段式が存在します。自走式はドライバーが自ら車両を運転して目的階まで移動するタイプで、機械式は駐車装置に車両を載せて運搬と入出庫を行うタイプです。機械式のうちタワー式は装置に車両を乗せると、外部から確認できないタワー内部で循環・移動します。二段・多段式は装置を2段もしくは3段以上に配置し、搬送することでスペースを多層化しています。

自走式は機械式に比べて車両の入出庫が容易なだけでなく、機械を操作するための待ち時間が短いというメリットがあります。屋上以外は直射日光や雨風が当たらないので車両を保護でき、災害時の避難場所としても利用可能です。一般的な平面の駐車場と比較して収容率が優れているため、多くの車両を駐車させることができます。機械式は小規模な敷地や複雑な地形の敷地にも柔軟に対応でき、収容方式によっては多くの台数を扱えます。

セキュリティ性が高く他の車両を気にせずに駐車できる点も機械式のメリットです。自走式の立体駐車場を運営するにはある程度の広い敷地が必要になるため、ショッピングモールなど施設の上階を利用するケースが多く見られます。機械式の立体駐車場は敷地面積に対して収容できる台数が多く、狭い土地を有効活用するのに適しています。広い土地があり、乗り降りや荷物の出し入れのしやすい駐車場が欲しい場合には自走式がおすすめです。

狭い土地でも収容台数の多い立体駐車場が欲しい場合には、機械式を選ぶとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です