立体駐車場には様々なメリットがあります

立体駐車場には自走式と機械式の2種類があり、機械式にはさらにタワー式と二段・多段式の2種類が存在します。自走式はスロープを使ってドライバーが車両を目的階まで走らせるタイプで、機械式は装置内部に車両を収容するタイプです。機械式のうちタワー式は内部で車両を乗せた装置が循環・移動する仕組みになっており、二段・多段式は搬器を2段もしくは3段以上に配置し搬送スペースが多層化されています。自走式は広いスペースが確保されているので、荷物の出し入れや乗り降りを簡単に行うことができます。

機械式は車両が装置の内部に収容されるため、人が容易に近付くことができずセキュリティ性が優れています。自走式と機械式の立体駐車場にはそれぞれ異なるメリットが存在するので、条件に合ったものを選ぶ必要があります。ある程度広い土地を確保でき、利便性を重視する場合には自走式が適しています。狭い土地や複雑な形状の土地と有効に活用したい場合や、セキュリティ性を重視する場合には機械式がおすすめです。

自走式は大規模な商業施設や空港、病院やアミューズメント施設などで採用されています。機械式は狭い土地に多くの車両を駐車させる必要がある駅前や都市部の商業ビル、ホテルの他に時間貸駐車場などで採用されるのが一般的です。立体駐車場を運営するには定期的なメンテナンスが必要になりますが、機械式に比べて自走式は頻度が少なくコストがかかりません。機械式は定期的なメンテナンスにコストがかかるものの、狭い土地を有効活用して効率的な投資ができるというメリットがあります。

立体駐車場のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です