中古車情報のチェックポイント

自動車は、新車販売時はメーカーが価格を決めて、車の性能を反映した価格ですが、中古車の場合は、いくらなら買いたいという需要で価格が決まります。そのため、高級車など、高価な車は中古車ではなく、ボディカラーや装備を選べる新車で購入する人が多い=中古車の需要が少ないことから価格は低くなりがち、エコカーやコンパクトカーなど、利便性重視の車は人気が高く、需要も多いことから価格が下がりにくいため、新車時とは価格が逆転することもめずらしいことではありません。 そこで、これがいいという指定車種がない場合、人気や知名度よりも性能重視で車選びをすると、お得な車に巡り合える可能性が高くなります。 一方、中古車は、これまでのオーナーの乗り方や整備によって状態が異なるため、走行距離だけで判断することはできません。

そのため、中古車情報は、雑誌やネットなど、文字や写真で情報を得ますが、実際の乗り心地は実物の車をチェックすることが有効です。ただし、丁寧に乗っていても、およそ10万キロはさまざまなパーツの交換時期の目安、10万キロに近づいている車は、中古車情報で整備履歴もチェックしておくと効果的です。 中古車の特徴は、新車と違って一期一会、お買い得な車はいつまでも売れ残ってはいないので、中古車情報で気になったら、早目にアクションを起こすことが大切です。 まずは、在庫の確認、実物のチェックや試乗の可否を確認してスケジュール調整をします。

その際に、同じクラスや価格帯の、ほかにおすすめの車があれば一緒に見たいと伝えておくと、訪問のタイミングを有効に活用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です