発がん性物質を除去できる浄水器

発がん性物質の一つと考えられている総トリハロメタンをご存じでしょうか。あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、非常に身近なもので、誰もが口にしている可能性が高い物質なのです。この総トリハロメタンというのは、水道水の中に含まれている有害物質の一つで、健康上問題はないとされていますが、やはり気になる人も多いと思います。たとえば、総トリハロメタンの一つであるクロロホルムは、発がん性が疑われていることの他に、肝障害や腎障害を引き起こすことも知られています。

避けることができるものなら、避けたい有害物質であることは間違いありません。しかし、なぜこのような有害な物質が水道水の中に含まれているのでしょうか。その理由は、水道水に含まれるウイルスや細菌を殺すためには、水道水は塩素消毒がなされています。そして、この塩素は最後まで残留していなければならないと水道法で定められています。

問題なのはこの塩素そのものではなく、塩素、正確には、次亜塩素酸が不純物と反応して総トリハロメタンを発生させてしまうことなのです。ウイルスや細菌が水道水に含まれるリスクを避けるために、塩素消毒は必要ですから、総トリハロメタンを発生そのものを抑えることはできません。できることと言えば、浄水器などを使って総トリハロメタンを取り除くことくらいです。幸いなことに、浄水器の性能は非常に高く、高性能なフィルターが総トリハロメタンなどの有害物質や不純物を99%以上除去してくれます。

浄水器があれば安心して水を飲むことができますね。据え置きの浄水器のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *