水の商品化・ウォーターサーバーのメリット

日本の水道水は飲用にもできるほど清潔であり、世界的にみても水道の蛇口をひねってそのまま煮沸もせずに飲める基準を保っているのは日本だけのことです。これだけ清潔な水を保っている日本でも、今では水にお金を払うことは当たり前になっています。ペットボトルを含め、水を買うという現象が起きたのは1983年に国内食品メーカーが発売したペットボトルの水が始まりといわれています。水道水が飲めるのに水にお金を払うのか、水道水で十分といっていた人の多くも、今ではペットボトルやウォーターサーバーの水を日常的に飲用しているでしょう。

ウォーターサーバーの商品価値は、消費者にどのようなニーズがあるかによっても違いが出てきますが、美味しく、安全な水をいつでも確保できるところは一致しているようです。ウォーターサーバーの水は、その美味しさに定評があり、初めは抵抗があった人も次第に日常生活に欠かせないものになっています。例えば、日本人の体質にあった軟水の場合、日本の自然の湧き水を清潔なボトルに充填して宅配してもらえるという、水道水と違った自然の恵みを楽しめるというメリットがあります。水の商品化のメリットはその点なのです。

また、煮込み料理やシチューを作る時には軟水よりも硬水の方がお肉が柔らかくなるというメリットもありますし、お茶やコーヒー・紅茶を淹れる時にも硬水の方が美味しく仕上げられることがわかっています。より、美味しく水を活用できるとなれば、水の商品化の良い点が見えてきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *