ウォーターサーバーのタイプを比較すると

ウォーターサーバーのタイプには、ワンウェイタイプとリターナルタイプの2種類があるので、メリットとデメリットを比較してから、どちらにするかを決める必要があります。まず、ワンウェイタイプのウォーターサーバーは、水を入れるボトルが使い捨てとなっています。なくなったら、新しいボトルが送られてくるので、衛生的に使えますし、PET樹脂製ボトルの容器なのでつぶしやすく、リサイクルしやすいのが魅力です。つぶしたボトルは、ごみとして捨ててもかまわないので、業者が引き取りに来るまで、自宅に置いておく必要がありません。

無菌エアーシステムを採用している業者のボトルなら、水が少なくなると、容器が自然につぶれて、外気の混入を防げるので、清潔な水の状態を長く保てます。それと比較して、リターナルタイプのウォーターサーバーは、エコを考慮したリサイクル型で、空になったボトルは業者が回収するまで保存しておかなければなりません。回収後は綺麗に洗浄し、再び水を詰めて、それぞれの家庭に配るシステムなので、業者が容器を取りにくるまでの保管場所が必要となります。ワンウェイタイプと比較すると、リターナルタイプのウォーターサーバーはボトルを再利用するので価格が安いので、費用を節約したい方におすすめです。

ボトルを保管できるスペースや費用の問題もあり、どちらを選ぶかについては、人それぞれ違った考えがあるでしょうから、メリットとデメリットをよく考えてから、決めるようにしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *