お風呂に浄水器を使用するメリット

浄水器は水道水に含まれる塩素や不純物を取り除き、味をおいしくしたり臭いをなくし、料理や飲み水としてキッチンに設置されることがほとんどですが実はお風呂場での使用が大変有意義で、健康や美容の面でたくさんのメリットがあります。水道水には法律でさだめられた量の塩素が含まれています。これは細菌の繁殖を防ぐためですが、肌や髪の毛には悪影響を及ぼします。髪の毛のツヤや潤いを守る働きをしているキューティクルはタンパク質からできていて、これが酸化作用で破壊されてしまいます。

他にも皮膚のバリアをしているタンパク質も破壊するため、皮膚の角質層や潤いがなくなり、激しい場合は肌が外気などの周りの環境に過敏に反応する敏感肌になることもあるので、浄水器を取り付けることで塩素を除去し、肌に優しい水になります。健康面では電気温水器を使用している場合、使用している水はタンク内に溜まっていて、毎回全て使い切ればいいのですがそれは無理で、使いきれなかった水が残留してしまいます。残留した水の上にさらに新しい水が溜まるので、長期間タンクの底には古い水が存在し、ヘドロ状の汚れが発生し、これが健康を害することがあります。浄水器を使用することで汚れた水が浄化されるので、きれいで清潔な水をお風呂で使うことができます。

お風呂では温かいお湯を顔にあびるのでアンモニア臭などの臭いを感じやすく、浄水器で臭いのないきれいな水で、お風呂を快適にすることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *