お風呂に浄水器は必要か考えよう!

飲み水ではないのだから、お風呂には浄水器は必要ないと考えている方も多くいるかもしれません。しかし飲み水ではなくても、消毒用の残留塩素が含まれているという点は変わりません。ここで問題になるのが、消毒用の残留塩素が体にどのような影響を与える可能性があるのかということです。そもそも残留塩素というのは、水道水の最近繁殖を防ぐためには衛生上必要なものです。

衛生上は大切なものであるものの、肌や髪には悪影響が出る可能性もあります。肌や髪に悪影響が出ることを防ぐために、お風呂でも浄水器を利用するのも1つの手です。特に注意が必要となるのが、残留塩素は酸化作用があるため、タンパク質からなる髪のキューティクルが傷んでしまう可能性です。同じように皮膚のタンパク質も酸化し、分解されるかもしれません。

敏感肌の方の場合には、さまざまな肌トラブルにつながりやすいので注意しましょう。敏感肌で不安という方でも、お風呂に浄水器を設置するだけで残留塩素の影響を減らせます。スキンケアやヘアケアに力を入れても、残留塩素の量が多ければケアの効果を無くす可能性もあります。ケアの効果が十分に得られるようにするためにも、肌や髪に刺激が少ないお湯を使うことが大切です。

実際にお風呂にも浄水器を導入するといっても、さまざまなタイプの商品が存在しています。そのため導入を検討するのであれば、どのような商品の選択肢があるのか把握したうえで検討しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *