お風呂で浄水器を使用するメリット

キッチンの水道に浄水器を使用する人が増えてきていますが、実はお風呂にも浄水器を使用する人が増えているのをご存じですか?キッチンで使用するお水と同様に、お風呂で使用するお湯にも消毒のための残留塩素が含まれています。水道水には、水に含まれる細菌を消毒するために残留塩素が含まれていますが、これは法律によって定められており、使用されている残留塩素も人が一生涯水道水を飲み続けても健康被害が起こることはありません。人体に影響がない程度の量ですが、肌や髪には悪影響を与えると言われています。残留塩素は、たんぱく質を酸化・分解する働きがあります。

ヒトの身体はほとんどタンパク質でできているのですくなからず影響を受けてしまいます。もちろん個人差はありますが、お肌のバリア機能や角質層の水分不足によりドライスキンという外部からの刺激を受けやすい敏感肌を起こす原因となったり、髪のキューティクルが痛む原因ともいわれています。浄水器を使用したお湯は、ピリピリとした肌を刺すような感覚を取り除くこともできます。お風呂に浄水器を設置するメリットはさまざまですが、美容の観点からのメリットのほかに爽快感のないシャワーを浴びることができます。

水道水は、原生のアンモニアやその有機物が含まれていますが、これらの物質は残留塩素と反応するとカルキ臭と呼ばれる独特のにおいを発生します。浄水したお湯をためたお風呂に柑橘類の皮や花びらなどを浮かべて香りを楽しむこともできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *